「房総グランオテル」越谷オサム著

公開日:  更新日:

 月ケ浦駅近くの民宿「房総グランオテル」の看板娘、夏海は高校2年生。従姉妹のハルカが休校日に泊まりにくるのを楽しみにしている。ところが、宿泊客の様子がおかしい。ひとりで来た女性客の佐藤は陰気で、自殺でもするのではないかと心配になる。実は自殺を考えているのは夜中に大声で歌をうたってひんしゅくを買った中年男の菅沼で、ピストルを隠し持っている。素泊まり2泊の自称カメラマン・田中は、半年前、月ケ浦駅で撮った一枚に写っていた美少女を捜しに来たのだが見つからない。翌日、昼食のため外出した佐藤が帰ってこないので、夏海の父と菅沼が捜しに出かけるが……。

 海辺の民宿で繰り広げられた2泊3日のドラマ。 (祥伝社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る