「房総グランオテル」越谷オサム著

公開日:  更新日:

 月ケ浦駅近くの民宿「房総グランオテル」の看板娘、夏海は高校2年生。従姉妹のハルカが休校日に泊まりにくるのを楽しみにしている。ところが、宿泊客の様子がおかしい。ひとりで来た女性客の佐藤は陰気で、自殺でもするのではないかと心配になる。実は自殺を考えているのは夜中に大声で歌をうたってひんしゅくを買った中年男の菅沼で、ピストルを隠し持っている。素泊まり2泊の自称カメラマン・田中は、半年前、月ケ浦駅で撮った一枚に写っていた美少女を捜しに来たのだが見つからない。翌日、昼食のため外出した佐藤が帰ってこないので、夏海の父と菅沼が捜しに出かけるが……。

 海辺の民宿で繰り広げられた2泊3日のドラマ。 (祥伝社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る