「カミングアウト」砂川秀樹著

公開日: 更新日:

 自分が性的マイノリティーであることを誰かに話すこと=カミングアウトは、「伝える側と伝えられる側との関係が作り直される行為の始まり」だと著者は言う。親密な関係、特に家族に対するカミングアウトは、激しい感情の動揺や深い葛藤が生じる。本書では、LGBTを嫌悪する兄に告白したゲイのかつきさんら、当事者によるカミングアウト・ストーリーを紹介しながら、カミングアウトすること、またはしないこと、できないことの意味や背景、そしてされたときにはどう受け止めたらいいのかを考察する。

 いろいろな人にさまざまな感情を引き起こすカミングアウトを深く理解することによって、セクシュアリティーについても改めて考えるきっかけを与えてくれる入門書。 (朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る