「悩める日本人「人生案内」に見る現代社会の姿」山田昌弘著

公開日:

 新聞紙上で「人生案内」の回答を務める著者は、近年の相談内容を通して、現在は「モデルなき時代になった」ことを痛感するという。

 そのひとつがSNSに関する相談だ。40代の主婦の父が亡くなった。そのとき、夫がSNSに悪気なく「合掌。義父急逝」と投稿したのはルール違反ではと問いかける。本来、葬式では笑わないなど社会ルールがあるものだが、SNSにおいては何が良くて何がダメなのかのモデル(ルール)が存在せず、その結果がどうなるかというモデルもないために起きた出来事と著者は分析する。

 ほかにも高齢者の恋愛、妻の不倫、LGBTの就活などの相談が浮き彫りにするモデルなき時代を生き抜く秘訣を提言する。

(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る