「蕎麦、食べていけ!」江上剛著

公開日: 更新日:

 両親が離婚して、さびれた温泉街で蕎麦屋を営む祖父母と暮らすことになった、高校生の竹澤春海。滝を見ていたら赤城勇太に声をかけられた。なぜか勇太は春海のことを知っている。祖父にたずねて、母が若い頃、勇太の父と結婚するはずだったのに、結婚式の当日、逃げ出して春海の父の元に走ったということを知った。それ以来、竹澤家は村八分のようになっている。

 一方、地元の信用金庫に勤める勇太は、町おこしのために伝説を基にした祭りを提案した。その目玉として女子高生に蕎麦打ちをさせることに。ところが、勇太の兄が勤める東京のメガバンクは、温泉街のリゾート化をもくろんでいた。

 元銀行員の視点を生かした町おこしビジネス物語。

(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る