「ラストチャンス再生請負人」江上剛著

公開日: 更新日:

 東大出身の樫村が勤務するWBJ銀行が菱光銀行と合併。表向きは対等合併だが、格上の菱光に吸収されたのと変わらず、同僚たちは追われるように次々と辞めていく。

 同僚の送別会の帰り道、樫村はつじ占いの老婆から「今後、うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみの人生の七味をたっぷりと味わうことになる」と予言される。証券部の事業再生業務担当として成果を上げてきたと自負する樫村にも、系列のカード会社への異動命令が下る。左遷だ。納得できない樫村は、投資会社の山本に引き抜かれ、彼が出資する飲食フランチャイズ会社DFSのCFO(財務責任者)に転職するが……。

 問題山積の飲食店チェーン再生に挑む元銀行マンを描くビジネス小説。 (講談社 820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る