「ラストチャンス再生請負人」江上剛著

公開日:  更新日:

 東大出身の樫村が勤務するWBJ銀行が菱光銀行と合併。表向きは対等合併だが、格上の菱光に吸収されたのと変わらず、同僚たちは追われるように次々と辞めていく。

 同僚の送別会の帰り道、樫村はつじ占いの老婆から「今後、うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみの人生の七味をたっぷりと味わうことになる」と予言される。証券部の事業再生業務担当として成果を上げてきたと自負する樫村にも、系列のカード会社への異動命令が下る。左遷だ。納得できない樫村は、投資会社の山本に引き抜かれ、彼が出資する飲食フランチャイズ会社DFSのCFO(財務責任者)に転職するが……。

 問題山積の飲食店チェーン再生に挑む元銀行マンを描くビジネス小説。 (講談社 820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る