• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病巣」江上剛著

 主人公は、総合電機メーカー芝河電機に勤める瀬川大輔。赴任先のミャンマーの発電所を落札するため、中国・韓国に勝てる受注額を巡ってギリギリの攻防をしていたが、突然本社から赤字額での落札の指示が飛び、納得のいかないまま受注を勝ち取った。

 どうやら裏で日本政府の強い意向が働いていたらしい。

 その後、日本に戻った瀬川だったが、当然行われなければならないはずの損失引当金の処理が経理で行われていないことを知り、抗議したものの上司に有無を言わさず却下されてしまう。さらに、そんなやりとりが行われたことを知ったある社員が、不正経理の証拠となる書類を瀬川に託したまま自殺してしまった。実態を知り愕然とする瀬川は、悩んだ末にある大きな決断に踏み切るのだが……。

 社会問題を映し出す経済小説の分野で定評のある著者による最新作。粉飾決算がどのように始まり、組織がどう崩壊していくのか、まるで内部潜入したかのように描写されている。(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る