• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「未来」湊かなえ著

 佐伯章子は成績が良く自立した考えを持つ小学4年生。やさしくて思いやりのあるパパと美人だけど時々心をなくして人形になってしまうママとの3人暮らし。

 ところが、4年生の最後の春、大好きなパパが死ぬ。

 そんな折、自宅のマンションのポストに一通の手紙が入っていた。驚いたことに差出人は20年後の自分だった。誰かのいたずらかと思ったが、自分しか知らない出来事が書かれ、今年10周年を迎えた東京ドリームマウンテンの30周年記念のしおりが同封されていた。以後、章子は未来の自分宛てに手紙を書き始める。学内でのいじめ、ママの病気、祖母から聞かされた両親の結婚の秘密等々、つらいことがふりかかってくるが、章子はけなげに対処していく。

 おや? いつもの湊かなえらしくない明るい話だなと首をかしげるかもしれない。ご安心あれ。ある事件をきっかけに、章子はけなげさなど全く通用しない奈落の底へ突き落とされるのだ。

 終盤は、明と暗、善と悪とが反転し、一気に湊かなえワールドが展開されていく。二人称小説という難題に挑んだ野心作。

(双葉社 1680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る