• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「海を撃つ」吉村龍一著

 昭和7年冬、越中の20歳の漁師・十兵衛は、村を代表して室生参りに出る。厳しい禊(みそぎ)に耐え、漁の神である室生山の龍神さまのお守りを持ち帰ると、村は鰤(ぶり)の大漁に沸く。村では、室生参りから戻った参拝者は福男として尊重される。参拝者の男根には福神が宿ると言い伝えられ、契りを交わすことが恩寵(おんちょう)と信じられていたのだ。

 十兵衛は請われて毎夜、娘のいる家々を回る。そんなある日、初恋の繁子と再会し鎮守の境内で交わってしまう。数日後、タコ漁の最中に父が海に消える。龍神さまを怒らせたと村に居られなくなった十兵衛は、室生参りで出会った伝照を師に、三陸で銛(もり)突き漁の修業を始める。

 因縁の巨大メカジキと漁師の戦いを描くネイチャーアクション。 (ポプラ社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る