「海を撃つ」吉村龍一著

公開日: 更新日:

 昭和7年冬、越中の20歳の漁師・十兵衛は、村を代表して室生参りに出る。厳しい禊(みそぎ)に耐え、漁の神である室生山の龍神さまのお守りを持ち帰ると、村は鰤(ぶり)の大漁に沸く。村では、室生参りから戻った参拝者は福男として尊重される。参拝者の男根には福神が宿ると言い伝えられ、契りを交わすことが恩寵(おんちょう)と信じられていたのだ。

 十兵衛は請われて毎夜、娘のいる家々を回る。そんなある日、初恋の繁子と再会し鎮守の境内で交わってしまう。数日後、タコ漁の最中に父が海に消える。龍神さまを怒らせたと村に居られなくなった十兵衛は、室生参りで出会った伝照を師に、三陸で銛(もり)突き漁の修業を始める。

 因縁の巨大メカジキと漁師の戦いを描くネイチャーアクション。 (ポプラ社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

もっと見る