• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花ひいらぎの街角」吉永南央著

 コーヒー豆と和食器の店を営む杉浦草の所に、ある日、「取扱注意」の小包が届いた。送り主は元夫・村岡透善の同人誌仲間だった田中初之輔だ。開けてみると、初之輔の短編「香良須川」に寄せられた絵画だった。透善がかつて芸術村をつくろうとしたときの仲間が描いた絵巻である。

 やはり同人誌仲間だったバクサンから電話があり、彼の所には絵巻の下巻が送られてきたという。バクサンは、初之輔がかつての本命だった戦争未亡人の容子に会いたいのではないかという。だが、容子は再婚した後、昨年亡くなった。3人で墓参りに行ったのだが、墓誌には容子の名がない……。

 半世紀前の同人誌の作品をめぐる6編の連作小説。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る