「花ひいらぎの街角」吉永南央著

公開日: 更新日:

 コーヒー豆と和食器の店を営む杉浦草の所に、ある日、「取扱注意」の小包が届いた。送り主は元夫・村岡透善の同人誌仲間だった田中初之輔だ。開けてみると、初之輔の短編「香良須川」に寄せられた絵画だった。透善がかつて芸術村をつくろうとしたときの仲間が描いた絵巻である。

 やはり同人誌仲間だったバクサンから電話があり、彼の所には絵巻の下巻が送られてきたという。バクサンは、初之輔がかつての本命だった戦争未亡人の容子に会いたいのではないかという。だが、容子は再婚した後、昨年亡くなった。3人で墓参りに行ったのだが、墓誌には容子の名がない……。

 半世紀前の同人誌の作品をめぐる6編の連作小説。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る