「花ひいらぎの街角」吉永南央著

公開日:  更新日:

 コーヒー豆と和食器の店を営む杉浦草の所に、ある日、「取扱注意」の小包が届いた。送り主は元夫・村岡透善の同人誌仲間だった田中初之輔だ。開けてみると、初之輔の短編「香良須川」に寄せられた絵画だった。透善がかつて芸術村をつくろうとしたときの仲間が描いた絵巻である。

 やはり同人誌仲間だったバクサンから電話があり、彼の所には絵巻の下巻が送られてきたという。バクサンは、初之輔がかつての本命だった戦争未亡人の容子に会いたいのではないかという。だが、容子は再婚した後、昨年亡くなった。3人で墓参りに行ったのだが、墓誌には容子の名がない……。

 半世紀前の同人誌の作品をめぐる6編の連作小説。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る