「花ひいらぎの街角」吉永南央著

公開日:  更新日:

 コーヒー豆と和食器の店を営む杉浦草の所に、ある日、「取扱注意」の小包が届いた。送り主は元夫・村岡透善の同人誌仲間だった田中初之輔だ。開けてみると、初之輔の短編「香良須川」に寄せられた絵画だった。透善がかつて芸術村をつくろうとしたときの仲間が描いた絵巻である。

 やはり同人誌仲間だったバクサンから電話があり、彼の所には絵巻の下巻が送られてきたという。バクサンは、初之輔がかつての本命だった戦争未亡人の容子に会いたいのではないかという。だが、容子は再婚した後、昨年亡くなった。3人で墓参りに行ったのだが、墓誌には容子の名がない……。

 半世紀前の同人誌の作品をめぐる6編の連作小説。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る