• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「魚と日本人 食と職の経済学」濱田武士著

 魚の知識にたけ、客に調理法なども提案する鮮魚店をはじめ、漁師や卸業者、仲買人など。日本の魚食文化を守ってきたこれらの職能を「魚職」と名付け、それぞれの役割や彼らを取り巻く経済環境を解説したテキスト。

 魚職が集結し、産地や消費地の情報も集まる水産物卸売市場は、魚食の発信地である。しかし、消費低迷に加え、物流の発展による市場外流通の拡大で、卸売市場の取扱量が減り続け、業者の廃業が続出している。魚離れだけが要因ではない鮮魚店減少の背景をはじめ、善戦する各地の鮮魚専門店やローカルスーパー、産地の水産加工業者、そして漁業の現状を綿密に取材。その課題や彼らの取り組みを検証しながら、魚食と魚職の新たな関係を考察する。(岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る