行政府より立法府を優位に位置づけた私擬憲法

公開日: 更新日:

「五日市憲法」新井勝紘著/岩波書店 820円+税

 今年は明治維新から150年ということで、政府は関連施策を推進・計画しているが、盛り上がりはいまひとつ。50年前も明治百年記念式典が行われたが、そうした政府のお手盛り行事に対して、侵略戦争も含めて明治以降の歴史を改めて問い直そうという動きも多かった。

 その1968年の夏、東京西部・五日市の旧家の「開かずの蔵」から私擬憲法草案が発見された。後に「五日市憲法」と呼ばれるこの草案は、官製の明治百年祭とは全く異なる明治の精神を顕彰する貴重な文化遺産となる。

 くだんの土蔵調査に当たったのは東京経済大学の色川(大吉)ゼミの面々で、蔵の中から草案を最初に手にしたのが著者だった。自由民権運動の高まりの中、国会設立と憲法制定を主張していた民権派による私擬憲法草案起草の動きは全国各地で見られ、この五日市憲法もそのひとつ。多くが途中で挫折した中で、全5編204条の成案までこぎ着けたのはまれな例だという。

 その特徴は国民の権利保障を軸に、行政府より立法府を優位に位置づけ、国民の権利を保障するために司法権を規定するなど先駆的かつ独創的な考えが盛り込まれていること。

 となれば、誰がこれを書いたのかに関心は向く。後半は草案起草者の千葉卓三郎なる人物の人生を追う一種のドキュメンタリーとなる。仙台藩の下級武士の家に生まれ、各地を遍歴しながら漢学、露仏語、キリスト教、数学などを学び、そこで培った自立自尊の思想が草案に盛り込まれていることが明らかにされる。

 安倍政権は「改憲」に意欲を燃やしているようだが、維新以降、この五日市憲法をはじめとするさまざまな憲法草案があり、そこに込められた国民の意思を再検証することこそが、真の意味で150年を記念することなのではないだろうか。<狸>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る