• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「恋の川、春の町」風野真知雄著

 主人公は、駿河小島藩の年寄本役・倉橋寿平。武士でありつつも持ち前の筆の才能を生かして庶民を楽しませる戯作を書き、人気作家・恋川春町というもうひとつの名を持っていた。ところが、お上への批判をしのばせて書いた黄表紙が思いのほか大人気になってしまい、黄表紙への規制を強める松平定信に目をつけられたのではという噂が立ち始める。

 自由に物を書けない空気を感じた同業者たちは、風向きが変わるまで様子を見ようと休筆したり、田舎に逃げ込んだり。そうこうするうち、定信からの呼び出しがやってくる。吉原のおわき、女戯作者のおちち、幼馴染みのおけけらとの戯れに逃げ込んでみたものの、ついには本妻のおさねと身の処し方を話し合うときがきた……。

「妻は、くノ一」などの歴史小説で人気の著者による最新作。

 武士の身分にありながら、軽妙なタッチで武士批判の戯作を書き続け、謎の死を遂げた恋川春町。その生きざまを彼と関わりのあった6人の女を通して描いている。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る