• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「恋の川、春の町」風野真知雄著

 主人公は、駿河小島藩の年寄本役・倉橋寿平。武士でありつつも持ち前の筆の才能を生かして庶民を楽しませる戯作を書き、人気作家・恋川春町というもうひとつの名を持っていた。ところが、お上への批判をしのばせて書いた黄表紙が思いのほか大人気になってしまい、黄表紙への規制を強める松平定信に目をつけられたのではという噂が立ち始める。

 自由に物を書けない空気を感じた同業者たちは、風向きが変わるまで様子を見ようと休筆したり、田舎に逃げ込んだり。そうこうするうち、定信からの呼び出しがやってくる。吉原のおわき、女戯作者のおちち、幼馴染みのおけけらとの戯れに逃げ込んでみたものの、ついには本妻のおさねと身の処し方を話し合うときがきた……。

「妻は、くノ一」などの歴史小説で人気の著者による最新作。

 武士の身分にありながら、軽妙なタッチで武士批判の戯作を書き続け、謎の死を遂げた恋川春町。その生きざまを彼と関わりのあった6人の女を通して描いている。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る