• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「路上のX」桐野夏生著

 中学卒業の目前、真由は両親から、借金を返すために夜逃げすることをいきなり告げられる。それから4カ月、真由は叔父の家に預けられ、合格した私立ではなく叔父の家に近い公立高校へ通っていたが、まともな食事もさせてもらえず、叔父一家の彼女を厄介者扱いする視線に耐えられず、とうとう家出を決行。バイトしていた渋谷のラーメン屋を頼るが、手ひどい裏切りに遭ってしまう。

 絶望に陥っているところに出会ったのがリオナだった。リオナは真由の1つ上で、義父から性的虐待を受けていたが、知らぬふりをする母親に我慢ならず、家を出て、JKビジネスで稼いでいた。リオナの幼友達のミトもリオナと同じくネグレクト家庭で育ち、元カレの子供を妊娠していた。

 家にも帰れず、自分たちをだまそうとする大人たちから身を守らなければいけない。頼るもののない3人の少女たちはどう生きていけばいいのか。

 現代社会が抱える格差・性差の実態を、少女たちの悲痛な叫びを通して訴える問題作。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る