「路上のX」桐野夏生著

公開日:  更新日:

 中学卒業の目前、真由は両親から、借金を返すために夜逃げすることをいきなり告げられる。それから4カ月、真由は叔父の家に預けられ、合格した私立ではなく叔父の家に近い公立高校へ通っていたが、まともな食事もさせてもらえず、叔父一家の彼女を厄介者扱いする視線に耐えられず、とうとう家出を決行。バイトしていた渋谷のラーメン屋を頼るが、手ひどい裏切りに遭ってしまう。

 絶望に陥っているところに出会ったのがリオナだった。リオナは真由の1つ上で、義父から性的虐待を受けていたが、知らぬふりをする母親に我慢ならず、家を出て、JKビジネスで稼いでいた。リオナの幼友達のミトもリオナと同じくネグレクト家庭で育ち、元カレの子供を妊娠していた。

 家にも帰れず、自分たちをだまそうとする大人たちから身を守らなければいけない。頼るもののない3人の少女たちはどう生きていけばいいのか。

 現代社会が抱える格差・性差の実態を、少女たちの悲痛な叫びを通して訴える問題作。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る