「未来の呪縛」河合雅司著

公開日:  更新日:

 日本の年間出生数は、2年連続で100万人を割り、わずか70年で3分の1まで減少。このまま推移すれば、2115年には32万人弱まで減るという。子供を産める年齢の女性が、急減しているので、少子化に歯止めをかけるのは困難なのだ。 どうして日本の少子化はここまで深刻になってしまったのか。実は、その陰にはGHQの関与があるという。日本が侵略戦争を仕掛けた要因のひとつが爆発的な人口増加だった。戦後5年間で1000万人も増加したことに脅威を感じたGHQは、再び日本が同じ行動に出ることを恐れ、出産に関する日本人の考え方を巧妙に変え、人工妊娠中絶の合法化を促したのだ。

 日本が少子化に陥った背景を解説し、脱却するための処方箋を提言する。

 (中央公論新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る