「人口減少社会の未来学」内田樹編

公開日: 更新日:

 日本はこれから80年間でおよそ7000万人近く減る一方で、東京一極集中が加速し、ますます地方の人口減少は深刻化するとされている。

 だが、地域エコノミストの藻谷浩介氏は異論を唱える。その地域の親世代の数と乳幼児の数を比較し、次世代がきちんと再生されているかどうかを数値化した「次世代再生力」で見ると、後期高齢者の絶対数が増え続ける東京などの都会より、高齢者の数が増えなくなり、少子化の傾向が止まった地方にこそ生き残りの可能性があるのだ。

 ほかに、イギリス在住22年の経験から「縮小社会は楽しくない」と断言するブレイディみかこ氏、「若い女性に好まれない自治体は滅びる」と言う劇作家の平田オリザ氏や、小田嶋隆氏、姜尚中氏ら11人がさまざまな視点から、人口減少社会の未来についてムードに流されない、刺激的な論考を寄稿。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る