「人口減少社会の未来学」内田樹編

公開日: 更新日:

 日本はこれから80年間でおよそ7000万人近く減る一方で、東京一極集中が加速し、ますます地方の人口減少は深刻化するとされている。

 だが、地域エコノミストの藻谷浩介氏は異論を唱える。その地域の親世代の数と乳幼児の数を比較し、次世代がきちんと再生されているかどうかを数値化した「次世代再生力」で見ると、後期高齢者の絶対数が増え続ける東京などの都会より、高齢者の数が増えなくなり、少子化の傾向が止まった地方にこそ生き残りの可能性があるのだ。

 ほかに、イギリス在住22年の経験から「縮小社会は楽しくない」と断言するブレイディみかこ氏、「若い女性に好まれない自治体は滅びる」と言う劇作家の平田オリザ氏や、小田嶋隆氏、姜尚中氏ら11人がさまざまな視点から、人口減少社会の未来についてムードに流されない、刺激的な論考を寄稿。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る