「人口減少社会の未来学」内田樹編

公開日:  更新日:

 日本はこれから80年間でおよそ7000万人近く減る一方で、東京一極集中が加速し、ますます地方の人口減少は深刻化するとされている。

 だが、地域エコノミストの藻谷浩介氏は異論を唱える。その地域の親世代の数と乳幼児の数を比較し、次世代がきちんと再生されているかどうかを数値化した「次世代再生力」で見ると、後期高齢者の絶対数が増え続ける東京などの都会より、高齢者の数が増えなくなり、少子化の傾向が止まった地方にこそ生き残りの可能性があるのだ。

 ほかに、イギリス在住22年の経験から「縮小社会は楽しくない」と断言するブレイディみかこ氏、「若い女性に好まれない自治体は滅びる」と言う劇作家の平田オリザ氏や、小田嶋隆氏、姜尚中氏ら11人がさまざまな視点から、人口減少社会の未来についてムードに流されない、刺激的な論考を寄稿。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る