北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「チンギス紀一 火眼」北方謙三著

公開日:

 なんだかぞくぞくしてくる。ついに、チンギス・カンの物語が始まったのだ。

「水滸伝」19巻の刊行が始まったのが2000年、それから「楊令伝」15巻、「岳飛伝」17巻と続いて、北方謙三の「大水滸伝シリーズ」は全51巻で完結した。その間、16年。すごい力業である。

 ところがこれで終わらなかったから、驚く。楊令の遺児・胡土児が吹毛剣を持って蒙古へ向かっていく、というのが「岳飛伝」のラストであった。それが、北方「大水滸」の静かなる終幕で、悠々たる筆致の見事なエンディングといっていい。

 しかし、九紋竜の史進(さすがに年老いているが、まだ元気)が吹毛剣を胡土児に届ける挿話が、「岳飛伝」の第14巻にあったことを考えると、「チンギス紀」の構想は前からあったことがうかがえる。胡土児の息子がテムジン(のちのチンギス・カン)というのだから、楽しい。「大水滸伝シリーズ」と、「チンギス紀」をつなぐのは、吹毛剣である。

 続いているとはいっても、「大水滸伝シリーズ」とは違う物語なので、その「大水滸」を未読の方は、ぜひこの「チンギス紀」からお読みいただきたい。またまた長い付き合いになるのだ。この「チンギス紀」を読みながらゆっくりと「大水滸伝シリーズ」に遡ればいい。第1巻「火眼」と、第2巻「鳴動」が同時発売だが、読み始めたらやめられない。興奮の歴史小説だ。すごいぞ。

 (集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る