• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「チンギス紀一 火眼」北方謙三著

 なんだかぞくぞくしてくる。ついに、チンギス・カンの物語が始まったのだ。

「水滸伝」19巻の刊行が始まったのが2000年、それから「楊令伝」15巻、「岳飛伝」17巻と続いて、北方謙三の「大水滸伝シリーズ」は全51巻で完結した。その間、16年。すごい力業である。

 ところがこれで終わらなかったから、驚く。楊令の遺児・胡土児が吹毛剣を持って蒙古へ向かっていく、というのが「岳飛伝」のラストであった。それが、北方「大水滸」の静かなる終幕で、悠々たる筆致の見事なエンディングといっていい。

 しかし、九紋竜の史進(さすがに年老いているが、まだ元気)が吹毛剣を胡土児に届ける挿話が、「岳飛伝」の第14巻にあったことを考えると、「チンギス紀」の構想は前からあったことがうかがえる。胡土児の息子がテムジン(のちのチンギス・カン)というのだから、楽しい。「大水滸伝シリーズ」と、「チンギス紀」をつなぐのは、吹毛剣である。

 続いているとはいっても、「大水滸伝シリーズ」とは違う物語なので、その「大水滸」を未読の方は、ぜひこの「チンギス紀」からお読みいただきたい。またまた長い付き合いになるのだ。この「チンギス紀」を読みながらゆっくりと「大水滸伝シリーズ」に遡ればいい。第1巻「火眼」と、第2巻「鳴動」が同時発売だが、読み始めたらやめられない。興奮の歴史小説だ。すごいぞ。

 (集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る