北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「スタンドアップ!」五十嵐貴久著

公開日:

 ボクシング小説である。リングに上がるのは沢口愛33歳。つまり、女子ボクシングの世界を描く長編である。それだけでも異色だが、いやあ、すごいぞ。

 7年前に結婚した真利男のDVに、愛はずっと悩まされていた。この長編は、そのヒロインが幼い娘を連れてDV男から逃げるところから始まっていく。で、マンガとアニメオタクが集う新大久保の店で働き始める。

 事態が進展するきっかけは、同僚のモモコがダイエットのためにボクシングジムに通いだすこと。モモコはひとりでは心細いと愛を誘うのである。1カ月間無料と聞いて、ヒロインも通うことになるが、モモコは早々に断念し、残ったのは愛だけ。ボクシングの魅力を知った彼女はジム通いを続けるのである。こうなればヒロインがリングに上がるまではただの一歩だ。

 記念のためにプロテストを受けただけなのに、すすめられるままリングに上がったものの、全然勝てないのに、ひょんなことから美闘夕紀の相手に指名されるのである。美闘夕紀はオリンピック女子フライ級の銀メダリストで、将来を嘱望されたボクサーだ。愛が勝てるわけがない。ようするに、かませ犬だ。

 ところが、そのリング上の戦いが白眉。何度ダウンしてもヒロインは立ち上がるのだ。もう私は逃げない、絶対に逃げない、と何度も立ち上がるヒロインの姿に、目頭が熱くなってくる。ラスト70ページが圧巻だ。

(PHP研究所 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る