北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「スタンドアップ!」五十嵐貴久著

公開日:

 ボクシング小説である。リングに上がるのは沢口愛33歳。つまり、女子ボクシングの世界を描く長編である。それだけでも異色だが、いやあ、すごいぞ。

 7年前に結婚した真利男のDVに、愛はずっと悩まされていた。この長編は、そのヒロインが幼い娘を連れてDV男から逃げるところから始まっていく。で、マンガとアニメオタクが集う新大久保の店で働き始める。

 事態が進展するきっかけは、同僚のモモコがダイエットのためにボクシングジムに通いだすこと。モモコはひとりでは心細いと愛を誘うのである。1カ月間無料と聞いて、ヒロインも通うことになるが、モモコは早々に断念し、残ったのは愛だけ。ボクシングの魅力を知った彼女はジム通いを続けるのである。こうなればヒロインがリングに上がるまではただの一歩だ。

 記念のためにプロテストを受けただけなのに、すすめられるままリングに上がったものの、全然勝てないのに、ひょんなことから美闘夕紀の相手に指名されるのである。美闘夕紀はオリンピック女子フライ級の銀メダリストで、将来を嘱望されたボクサーだ。愛が勝てるわけがない。ようするに、かませ犬だ。

 ところが、そのリング上の戦いが白眉。何度ダウンしてもヒロインは立ち上がるのだ。もう私は逃げない、絶対に逃げない、と何度も立ち上がるヒロインの姿に、目頭が熱くなってくる。ラスト70ページが圧巻だ。

(PHP研究所 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る