北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「スタンドアップ!」五十嵐貴久著

公開日: 更新日:

 ボクシング小説である。リングに上がるのは沢口愛33歳。つまり、女子ボクシングの世界を描く長編である。それだけでも異色だが、いやあ、すごいぞ。

 7年前に結婚した真利男のDVに、愛はずっと悩まされていた。この長編は、そのヒロインが幼い娘を連れてDV男から逃げるところから始まっていく。で、マンガとアニメオタクが集う新大久保の店で働き始める。

 事態が進展するきっかけは、同僚のモモコがダイエットのためにボクシングジムに通いだすこと。モモコはひとりでは心細いと愛を誘うのである。1カ月間無料と聞いて、ヒロインも通うことになるが、モモコは早々に断念し、残ったのは愛だけ。ボクシングの魅力を知った彼女はジム通いを続けるのである。こうなればヒロインがリングに上がるまではただの一歩だ。

 記念のためにプロテストを受けただけなのに、すすめられるままリングに上がったものの、全然勝てないのに、ひょんなことから美闘夕紀の相手に指名されるのである。美闘夕紀はオリンピック女子フライ級の銀メダリストで、将来を嘱望されたボクサーだ。愛が勝てるわけがない。ようするに、かませ犬だ。

 ところが、そのリング上の戦いが白眉。何度ダウンしてもヒロインは立ち上がるのだ。もう私は逃げない、絶対に逃げない、と何度も立ち上がるヒロインの姿に、目頭が熱くなってくる。ラスト70ページが圧巻だ。

(PHP研究所 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る