北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「仕事は2番」こざわたまこ著

公開日:

「お仕事小説」とは、特定の仕事を通して何事かを発見していくドラマを描くもので、その仕事ならではの特殊性があればあるほど、望ましい。普通の小説と一線を画することができるからだ。

 そういう観点に立つと、「お仕事小説」の衣装はつけていても、本書は少し異なっている。OA機器を販売する吉丸事務機株式会社に勤務するさまざまな人を、それぞれの視点から描く連作小説だが、OA機器は物語にあまり関係がないし、それぞれの部署の特殊性もほとんど関係ない。だから本書はひとつの会社で働く人々を描く「会社小説」として読みたい。その文脈で読むと、本書はたっぷりと堪能できる。

 たとえば、総務課長の内野は、部下のOLから「ウッチー、滑舌悪すぎじゃない?」と言われているが、外から見るとそのようにウザイ課長も、彼が視点人物になる短編を読むと、若いときには夢があり、恋があったことを私たちは知るのだ。それがいま、妻にも娘にも邪険にされて、それで会社でOLたちに揶揄されているのでは応援したくなる。

 印象に残るのは最後の一編だ。吉丸事務機株式会社が入っているビルの清掃会社で働く老人を描くものだが、彼の孤独と、やる気のない若者との現在の仕事を、きりりと描いて強い印象を残している。目新しさはないものの、その丁寧な筆致は一票を入れておきたい。今後に注目だ。(双葉社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る