• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「夏空白花」須賀しのぶ著

 全国高等学校野球選手権(いわゆる夏の甲子園だ)は、大正4(1915)年に第1回大会が行われたので、それから毎年行われていたとするなら、今年で104回目を迎えるはずなのに、今年はちょうど100回目。計算が合わないのは、その間、昭和17年から昭和20年まで4年間の空白があるからだ。戦争による中断である。昭和21年に復活するのだが、そのときの舞台は西宮球場。阪神甲子園球場に舞台が戻るのは昭和22年大会からである。

 では、なぜ戦後の再開が阪神甲子園球場ではなく、西宮球場だったのか。その間にどういうドラマがあったのか、その舞台裏を描いたのが本書だ。

 朝日新聞大阪本社の神住匡を主人公に、戦後の再開に向けて奮闘する人々の努力と苦心の日々を描く長編だが、そのいちばん大きな壁がGHQとは意外だった。野球はアメリカ生まれのスポーツであり、むしろ野球復興を後押しするものと思っていたので、その意外な展開がキモ。須賀しのぶは、オリジナル文庫大賞を受賞した「夏の祈りは」や、「ゲームセットにはまだ早い」(これも傑作だった)など数々の野球小説を書いている作家だけに、いわば熟知している世界である。だから安心して読むことができるのもいい。

 当時の風俗も興味深く(たとえば、見た目は卵でも中身は寒天だという乾燥卵!)いろいろな読み方のできる楽しい小説でもある。

 (ポプラ社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る