「人形の影」岡本綺堂著

公開日:

 20歳の蔦子は、海辺の別荘で、発明家の父親・南瀬と暮らしている。南瀬は、甥で男爵を継いだ連三に蔦子を嫁がせようと、彼を別荘に招くが、放蕩者の連三は数日滞在後、近くの温泉宿へ移ってしまった。蔦子は、連三が嫌いではないが結婚相手とは考えられない。ある午後、蔦子は山百合の絵を描くため、1人で裏山に登り、迷ってしまう。あいにくの大雨となり、通りかかった若い男とともに炭焼き小屋に避難する。

 男は、南瀬が雇った助手の麻田だった。雨が勢いを増し、小屋も浸水。迷った末に下山を始めた2人は、足をすくわれ、激流に流されてしまう。

 半七捕物帳シリーズの作者が、新しい時代の生き方を模索する女性を描いた大正7年の新聞小説。

(光文社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る