「人形の影」岡本綺堂著

公開日: 更新日:

 20歳の蔦子は、海辺の別荘で、発明家の父親・南瀬と暮らしている。南瀬は、甥で男爵を継いだ連三に蔦子を嫁がせようと、彼を別荘に招くが、放蕩者の連三は数日滞在後、近くの温泉宿へ移ってしまった。蔦子は、連三が嫌いではないが結婚相手とは考えられない。ある午後、蔦子は山百合の絵を描くため、1人で裏山に登り、迷ってしまう。あいにくの大雨となり、通りかかった若い男とともに炭焼き小屋に避難する。

 男は、南瀬が雇った助手の麻田だった。雨が勢いを増し、小屋も浸水。迷った末に下山を始めた2人は、足をすくわれ、激流に流されてしまう。

 半七捕物帳シリーズの作者が、新しい時代の生き方を模索する女性を描いた大正7年の新聞小説。

(光文社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る