「絶唱」湊かなえ著

公開日:  更新日:

 阪神淡路大震災から20年目の節目に当たる今年の1月17日に発行された短編連作集。

 双子の片割れを震災で失った若い女性を描いた「楽園」、婚約者への違和感を胸に国際ボランティア隊に参加した理恵子の物語「約束」、震災で父を亡くした経験から大学時代にできた子の命を消せずにシングルマザーになった杏子を描いた「太陽」、国際ボランティア隊で出向いたトンガで出会った恩人に向けて手紙を書く千晴の物語「絶唱」の4編が収録されている。

 太平洋に浮かぶトンガに引き寄せられるようにたどり着いた4人の女性は、みな震災経験からくる喪失感や後悔を胸に秘め、それでも生きていくための再生を試みる。表題作「絶唱」では、4話全体の種明かしがされる。

 震災後20年という月日を経たからこそ、語ることのできる震災経験者の心模様が繊細に描かれているだけでなく、著者自身の経験が投影された実話のようなリアリティーを持っている点も興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る