「絶唱」湊かなえ著

公開日: 更新日:

 阪神淡路大震災から20年目の節目に当たる今年の1月17日に発行された短編連作集。

 双子の片割れを震災で失った若い女性を描いた「楽園」、婚約者への違和感を胸に国際ボランティア隊に参加した理恵子の物語「約束」、震災で父を亡くした経験から大学時代にできた子の命を消せずにシングルマザーになった杏子を描いた「太陽」、国際ボランティア隊で出向いたトンガで出会った恩人に向けて手紙を書く千晴の物語「絶唱」の4編が収録されている。

 太平洋に浮かぶトンガに引き寄せられるようにたどり着いた4人の女性は、みな震災経験からくる喪失感や後悔を胸に秘め、それでも生きていくための再生を試みる。表題作「絶唱」では、4話全体の種明かしがされる。

 震災後20年という月日を経たからこそ、語ることのできる震災経験者の心模様が繊細に描かれているだけでなく、著者自身の経験が投影された実話のようなリアリティーを持っている点も興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る

人気キーワード