「絶唱」湊かなえ著

公開日: 更新日:

 阪神淡路大震災から20年目の節目に当たる今年の1月17日に発行された短編連作集。

 双子の片割れを震災で失った若い女性を描いた「楽園」、婚約者への違和感を胸に国際ボランティア隊に参加した理恵子の物語「約束」、震災で父を亡くした経験から大学時代にできた子の命を消せずにシングルマザーになった杏子を描いた「太陽」、国際ボランティア隊で出向いたトンガで出会った恩人に向けて手紙を書く千晴の物語「絶唱」の4編が収録されている。

 太平洋に浮かぶトンガに引き寄せられるようにたどり着いた4人の女性は、みな震災経験からくる喪失感や後悔を胸に秘め、それでも生きていくための再生を試みる。表題作「絶唱」では、4話全体の種明かしがされる。

 震災後20年という月日を経たからこそ、語ることのできる震災経験者の心模様が繊細に描かれているだけでなく、著者自身の経験が投影された実話のようなリアリティーを持っている点も興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る