生きている人も死にたい人も引きつける富士の樹海

公開日:

 富士の裾野に広がる巨大な森林「青木ケ原樹海」。その名を聞いて真っ先に思い浮かべるのは、自殺の名所というイメージだろう。村田らむ著「樹海考」(晶文社 1550円+税)では、ルポライターとして20年以上にわたり、およそ100回も樹海を訪れている著者が、その目で見た樹海の真実をルポしている。

 樹海ではさまざまな落とし物を見つけることができる。自殺者が残していったテントの残骸も少なくない。遺体の回収とともに警察が撤去するのだが、作業が雑な場合も多く、木に結わえられたロープやロープの結び方の本、自殺の解説本などが置き去りにされていることが多い。著者が初めて樹海を訪れた際には、写真の顔部分が焼かれた免許証とカセットテープを発見したそうだ。カセットテープには、荘厳なクラシック音楽が録音されていたという。

「樹海に入れば必ず遺体を見つける」という都市伝説があるが、最初に樹海を訪れてから10年以上、著者は死体を見つけることはなかったという。

 しかし、ある時ついに見つけてしまった。写真を撮影している時に視界に違和感を覚えて目を凝らすと、深い緑の中に“水色”を発見。近づいてみると、水色の作業服を着た初老の男性の遺体が木にぶら下がっていたという。

 傍らには、コンビニ袋に入った弁当の空き箱と、スタミナドリンクの瓶が3本。今から命を絶つという決意を固めるために、気合を入れてスタミナドリンクを飲んだのだろうか。

 本書では、樹海の成り立ちや樹海散策の仕方なども解説。スーツ姿で行くと自殺志願者と思われ地元の監視員に詰問されやすいので、登山服と登山靴を装備して出かけよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る