「日本のコーヒー」は世界最高水準と称賛

公開日: 更新日:

 今、日本のコーヒーは世界最高品質と称賛され、海外のカフェでは“日本のコーヒー”が新しいトレンドとして取り入れられるほどになっている。

 メリー・ホワイト著、有泉芙美代訳「コーヒーと日本人の文化誌」(創元社 2500円+税)では、アメリカの人類学者である著者が、日本人の知らない日本のコーヒーの歴史と奥深さを解き明かしている。

 2015年に東京都に出店するや、連日の大行列となったカリフォルニア州に本社を構えるブルーボトルコーヒー。実は今、サンフランシスコの同店ではサイホンやドリッパーなどは日本のハリオと上島珈琲の器具を使い、「キョウト・アイスコーヒー」と名付けた商品を販売している。他のコーヒー店でも、日本の器具を使って入れた日本のコーヒーは「店によい印象を与える」として、人気を集めているそうだ。

 日本ではコーヒー店の熟練マスターによって絶妙に豆を配合したハウスブレンドのコーヒーが好まれるが、アメリカではこのような文化がほとんどないという。スペシャリティーコーヒー専門店で責任者にブレンドの構成比を聞いても、答えられる人はほとんどいない。なぜなら、ブレンドはコーヒー豆の販売業者が行うもので、そこには日本のハウスブレンドのような信頼もこだわりもなく、だから今海外で日本のコーヒーが支持されるのだと本書。

 日本は保守的に見える半面、新しい文化が厳しく高い基準を超えたとき、国民はそれを受け入れて変容する柔軟性を持つ。日本のコーヒーもそうして世界最高水準に到達したのだと著者は分析する。他にも、日本のカフェの進化論やコーヒー豆の産地とのかかわりなども解説。おいしい日本のコーヒーを飲みながら読んでほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る