「日本のコーヒー」は世界最高水準と称賛

公開日:

 今、日本のコーヒーは世界最高品質と称賛され、海外のカフェでは“日本のコーヒー”が新しいトレンドとして取り入れられるほどになっている。

 メリー・ホワイト著、有泉芙美代訳「コーヒーと日本人の文化誌」(創元社 2500円+税)では、アメリカの人類学者である著者が、日本人の知らない日本のコーヒーの歴史と奥深さを解き明かしている。

 2015年に東京都に出店するや、連日の大行列となったカリフォルニア州に本社を構えるブルーボトルコーヒー。実は今、サンフランシスコの同店ではサイホンやドリッパーなどは日本のハリオと上島珈琲の器具を使い、「キョウト・アイスコーヒー」と名付けた商品を販売している。他のコーヒー店でも、日本の器具を使って入れた日本のコーヒーは「店によい印象を与える」として、人気を集めているそうだ。

 日本ではコーヒー店の熟練マスターによって絶妙に豆を配合したハウスブレンドのコーヒーが好まれるが、アメリカではこのような文化がほとんどないという。スペシャリティーコーヒー専門店で責任者にブレンドの構成比を聞いても、答えられる人はほとんどいない。なぜなら、ブレンドはコーヒー豆の販売業者が行うもので、そこには日本のハウスブレンドのような信頼もこだわりもなく、だから今海外で日本のコーヒーが支持されるのだと本書。

 日本は保守的に見える半面、新しい文化が厳しく高い基準を超えたとき、国民はそれを受け入れて変容する柔軟性を持つ。日本のコーヒーもそうして世界最高水準に到達したのだと著者は分析する。他にも、日本のカフェの進化論やコーヒー豆の産地とのかかわりなども解説。おいしい日本のコーヒーを飲みながら読んでほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る