「日本のコーヒー」は世界最高水準と称賛

公開日:

 今、日本のコーヒーは世界最高品質と称賛され、海外のカフェでは“日本のコーヒー”が新しいトレンドとして取り入れられるほどになっている。

 メリー・ホワイト著、有泉芙美代訳「コーヒーと日本人の文化誌」(創元社 2500円+税)では、アメリカの人類学者である著者が、日本人の知らない日本のコーヒーの歴史と奥深さを解き明かしている。

 2015年に東京都に出店するや、連日の大行列となったカリフォルニア州に本社を構えるブルーボトルコーヒー。実は今、サンフランシスコの同店ではサイホンやドリッパーなどは日本のハリオと上島珈琲の器具を使い、「キョウト・アイスコーヒー」と名付けた商品を販売している。他のコーヒー店でも、日本の器具を使って入れた日本のコーヒーは「店によい印象を与える」として、人気を集めているそうだ。

 日本ではコーヒー店の熟練マスターによって絶妙に豆を配合したハウスブレンドのコーヒーが好まれるが、アメリカではこのような文化がほとんどないという。スペシャリティーコーヒー専門店で責任者にブレンドの構成比を聞いても、答えられる人はほとんどいない。なぜなら、ブレンドはコーヒー豆の販売業者が行うもので、そこには日本のハウスブレンドのような信頼もこだわりもなく、だから今海外で日本のコーヒーが支持されるのだと本書。

 日本は保守的に見える半面、新しい文化が厳しく高い基準を超えたとき、国民はそれを受け入れて変容する柔軟性を持つ。日本のコーヒーもそうして世界最高水準に到達したのだと著者は分析する。他にも、日本のカフェの進化論やコーヒー豆の産地とのかかわりなども解説。おいしい日本のコーヒーを飲みながら読んでほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る