「インジョーカー」深町秋生著

公開日:

 闇金の事務所が襲われ、7000万円が強奪された。襲ったのは外国人技能実習生として来日したが、酷使されて逃げ出したネパール人、ベトナム人とムショ帰りの3人。彼らを操っている中国人の呂子健は、1億5000万円はあるという話だったのに話が違うと抗議する3人に、「次は4日後だ」と言い渡す。

 上野警察署の八神瑛子は、湯島にある「東都日本語アカデミー」に逮捕状ももたずに捜索に入った。

 外国人生徒を、アカデミーの校長が経営する人材派遣会社を通して違法な長時間労働をさせているという情報が入ったからだ。だが、暴力団と癒着しているという噂のある八神に監察の手が伸びる。

 美人刑事八神が活躍する警察小説。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る