「インジョーカー」深町秋生著

公開日:

 闇金の事務所が襲われ、7000万円が強奪された。襲ったのは外国人技能実習生として来日したが、酷使されて逃げ出したネパール人、ベトナム人とムショ帰りの3人。彼らを操っている中国人の呂子健は、1億5000万円はあるという話だったのに話が違うと抗議する3人に、「次は4日後だ」と言い渡す。

 上野警察署の八神瑛子は、湯島にある「東都日本語アカデミー」に逮捕状ももたずに捜索に入った。

 外国人生徒を、アカデミーの校長が経営する人材派遣会社を通して違法な長時間労働をさせているという情報が入ったからだ。だが、暴力団と癒着しているという噂のある八神に監察の手が伸びる。

 美人刑事八神が活躍する警察小説。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る