「卑怯者の流儀」深町秋生著

公開日: 更新日:

「女を捜して欲しいんです」と、警視庁組対四課の刑事、米沢英利はヤクザの若頭補佐の浦辺に頼まれ、文庫本1冊分の厚さの封筒を受け取った。浦辺が経営する韓国人クラブのホステスだが、どうやら浦辺はその女に惚れているらしい。

 パスポートを押さえてあるのに、女が姿を消した。女のマンションに行ってみると、シューボックスの扉には穴があき、キッチンにはコップのかけらが散乱している。米沢は玄関で1本の金髪を拾い上げた。

 近くのコンビニの防犯カメラに金髪の男とオールバックの大男が写っていて、ライトバンで浅草橋方面に走り去った。

 黒い依頼も引き受ける悪徳刑事が活躍する警察小説。(徳間書店 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード