• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「朽ちないサクラ」柚月裕子著

 県下でストーカー殺人事件が発生。その後、所轄署が署員の慰安旅行のために被害者の両親が出そうとしていた被害届の受理を引き延ばしていたことが地元紙の報道で発覚する。

 記事に憤慨した県民からの抗議電話の対応に追われる県警広報広聴課の泉は、心が晴れない。数日前に親友で、特ダネを報道した地元紙の記者・千佳と食事をした折に、ひょんなことから慰安旅行のことがばれてしまったのだ。

 泉は千佳が記事を書いたと疑うが、その夜、再び会った彼女は記事を書いたのは自分ではないと主張。身の潔白を証明してみせるとまで言い切る。1週間後、川で千佳の溺死体が見つかり、捜査で他殺と判明。泉も事情聴取を受ける。

 小説巧者による徹夜必至の警察小説。

(徳間書店 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る