• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「朽ちないサクラ」柚月裕子著

 県下でストーカー殺人事件が発生。その後、所轄署が署員の慰安旅行のために被害者の両親が出そうとしていた被害届の受理を引き延ばしていたことが地元紙の報道で発覚する。

 記事に憤慨した県民からの抗議電話の対応に追われる県警広報広聴課の泉は、心が晴れない。数日前に親友で、特ダネを報道した地元紙の記者・千佳と食事をした折に、ひょんなことから慰安旅行のことがばれてしまったのだ。

 泉は千佳が記事を書いたと疑うが、その夜、再び会った彼女は記事を書いたのは自分ではないと主張。身の潔白を証明してみせるとまで言い切る。1週間後、川で千佳の溺死体が見つかり、捜査で他殺と判明。泉も事情聴取を受ける。

 小説巧者による徹夜必至の警察小説。

(徳間書店 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る