北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ピラミッド」ヘニング・マンケル著 柳沢由実子訳

公開日:  更新日:

 刑事ヴァランダー・シリーズの第10弾だが、これまでの作品を未読の方にぜひおすすめしたい。

 スウェーデンの警察小説としては、1960年代のスウェーデン社会を描いたマイ・シューヴァル&ペール・ヴァールーのマルティン・ベック・シリーズが有名だが、激動の1990年代を背景にしたこの刑事ヴァランダー・シリーズはその名作に匹敵するシリーズといっていい。しかしすでに9作まで翻訳されているシリーズを最初から読むのは大変だ。そういうときに、本書は最適の入門書になるだろう。というのは、これは若き日のヴァランダーを描いた番外編だからだ。

 5編を収録した作品集だが、そのうち2編が20代のヴァランダーを描いている。特に、冒頭の「ナイフの一突き」は、巡査部に勤務してデモ隊を取り締まる仕事に(この短編の時代背景が1969年であることに注意)鬱屈している22歳のときだ。刑事部に移りたくて焦っている若きヴァランダーの必死の捜査が描かれるのだが、いつも感情が先走るこの男の性格は、若いときから変わっていないことを知ることができて感慨深い。

 2015年の著者の死によってシリーズの続刊を読むことがもうできなくなってしまったのは残念だが、未訳作品がまだ2作残っている。この作品集を読みながら、それが翻訳されることを待ちたい。北欧ミステリーの凄みが、ここにある。(東京創元社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る