「影の守護者警視庁犯罪被害者支援課5」堂場瞬一著

公開日:

 早朝、北多摩署管内の交番で警官・益田の射殺体が見つかる。警視庁被害者支援課の村野も現場に出動して、益田の妻・朝美に寄り添う。やがて犯行に使われた銃が5年前の交番襲撃事件に使われたものと同じだと分かる。捜査1課の刑事でもある益田の息子・智樹は、捜査への参加を希望するが、認められない。暴走を恐れた村野は、智樹に付き合い、終業後に2人で現場周辺の聞き込みに歩く。そんな中、朝美が5年前の交番襲撃事件の犯人を知っていると言い出す。朝美の話によると、事件の真相は警官による警官殺しで、益田は隠蔽のために犯行に使われた拳銃を現場からどこかに持ち去ったらしい。

 犯罪被害者に寄り添う村野らを主人公にした警察小説シリーズ第5弾。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る