「影の守護者警視庁犯罪被害者支援課5」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 早朝、北多摩署管内の交番で警官・益田の射殺体が見つかる。警視庁被害者支援課の村野も現場に出動して、益田の妻・朝美に寄り添う。やがて犯行に使われた銃が5年前の交番襲撃事件に使われたものと同じだと分かる。捜査1課の刑事でもある益田の息子・智樹は、捜査への参加を希望するが、認められない。暴走を恐れた村野は、智樹に付き合い、終業後に2人で現場周辺の聞き込みに歩く。そんな中、朝美が5年前の交番襲撃事件の犯人を知っていると言い出す。朝美の話によると、事件の真相は警官による警官殺しで、益田は隠蔽のために犯行に使われた拳銃を現場からどこかに持ち去ったらしい。

 犯罪被害者に寄り添う村野らを主人公にした警察小説シリーズ第5弾。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る