「影の守護者警視庁犯罪被害者支援課5」堂場瞬一著

公開日:

 早朝、北多摩署管内の交番で警官・益田の射殺体が見つかる。警視庁被害者支援課の村野も現場に出動して、益田の妻・朝美に寄り添う。やがて犯行に使われた銃が5年前の交番襲撃事件に使われたものと同じだと分かる。捜査1課の刑事でもある益田の息子・智樹は、捜査への参加を希望するが、認められない。暴走を恐れた村野は、智樹に付き合い、終業後に2人で現場周辺の聞き込みに歩く。そんな中、朝美が5年前の交番襲撃事件の犯人を知っていると言い出す。朝美の話によると、事件の真相は警官による警官殺しで、益田は隠蔽のために犯行に使われた拳銃を現場からどこかに持ち去ったらしい。

 犯罪被害者に寄り添う村野らを主人公にした警察小説シリーズ第5弾。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る