「赤猫」柴田哲孝著

公開日:  更新日:

 赤猫とは警察用語で放火、あるいは放火犯のことを指す。

 警視庁石神井署の刑事片倉康孝は定年間際で、今は捜査の現場から離れている。“乗り鉄”でもあった彼は今、上越線小出駅のホームに立っている。3日の休暇を取り、これから只見線に乗って会津若松に向かうところだ。

 片倉には忘れられない事件があった。20年前に起きた放火殺人事件のことだ。事件現場に貼ってあった一枚の守札「須門神社」がこの沿線にあるのだ。そこで住安武治という老人の知己を得る。署に戻った片倉は、かつての部下柳井、鑑識の得丸らを巻き込んで20年前の赤猫の再捜査に着手した。

 捜査は難航を極めるがおぼろげながら見えてきたのは、昭和30、40年代を生き抜いた女たちの凄まじい情念、生きざまだった。20年前の放火事件の謎を追う警察小説。

(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る