「赤猫」柴田哲孝著

公開日: 更新日:

 赤猫とは警察用語で放火、あるいは放火犯のことを指す。

 警視庁石神井署の刑事片倉康孝は定年間際で、今は捜査の現場から離れている。“乗り鉄”でもあった彼は今、上越線小出駅のホームに立っている。3日の休暇を取り、これから只見線に乗って会津若松に向かうところだ。

 片倉には忘れられない事件があった。20年前に起きた放火殺人事件のことだ。事件現場に貼ってあった一枚の守札「須門神社」がこの沿線にあるのだ。そこで住安武治という老人の知己を得る。署に戻った片倉は、かつての部下柳井、鑑識の得丸らを巻き込んで20年前の赤猫の再捜査に着手した。

 捜査は難航を極めるがおぼろげながら見えてきたのは、昭和30、40年代を生き抜いた女たちの凄まじい情念、生きざまだった。20年前の放火事件の謎を追う警察小説。

(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る

人気キーワード