「沖縄コンフィデンシャル楽園の涙」高嶋哲夫著

公開日:

 那覇のショッピングセンターの駐車場で女性が襲われ、意識不明の重体に。所轄署が担当する事件だが、沖縄県警捜査1課の反町は上司の指示で被害者が搬送された病院に向かう。被害者が米軍に軍用地を貸し出す資産家の儀部の3番目の妻・優子だったからだ。

 儀部は、警視庁から出向中の捜査2課の赤堀が捜査中の人物だった。優子に密かな思いを寄せる赤堀は、捜査の過程で彼女が儀部の長男・彰と男女の仲であることを知り苦しんでいた。所轄署はひったくり事件として捜査をするが、反町も赤堀と独自に捜査。やがて、事件前に優子が東京のレストランチェーン経営者・大利根と会い、大金を受け取っていたことが分かる。

 沖縄県を舞台にした警察小説シリーズ第3弾。

(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る