• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「沖縄コンフィデンシャル楽園の涙」高嶋哲夫著

投稿日:

 那覇のショッピングセンターの駐車場で女性が襲われ、意識不明の重体に。所轄署が担当する事件だが、沖縄県警捜査1課の反町は上司の指示で被害者が搬送された病院に向かう。被害者が米軍に軍用地を貸し出す資産家の儀部の3番目の妻・優子だったからだ。

 儀部は、警視庁から出向中の捜査2課の赤堀が捜査中の人物だった。優子に密かな思いを寄せる赤堀は、捜査の過程で彼女が儀部の長男・彰と男女の仲であることを知り苦しんでいた。所轄署はひったくり事件として捜査をするが、反町も赤堀と独自に捜査。やがて、事件前に優子が東京のレストランチェーン経営者・大利根と会い、大金を受け取っていたことが分かる。

 沖縄県を舞台にした警察小説シリーズ第3弾。

(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る