「刑事の血筋」三羽省吾著

公開日: 更新日:

 緊急招集で叩き起こされた高岡守と同僚の久隅が現場で見たものは少し前、公務執行妨害容疑で逮捕し、20日間の勾留の後釈放された木村正の無残な遺体だった。

 そんな折も折、高岡の3つ上の兄で警察庁のキャリアになっていた剣が地元に異動になって帰ってきた。実はここの県警の会計があまりにも真っ白で、逆に警察庁の会計課に疑いを持たれた。その内偵役に剣が指名されたのだ。

 それぞれが捜査を進めていくうちにひとつの言葉が浮かび上がった。「存在の売買」――。戸籍を含めてある人間の存在そのものを買い取り、それを必要とする人間に売るという商売なのだ。

 2人の父・敬一郎の殉職の謎にも迫りながら巨悪を暴く警察小説の粋。

(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る