「刑事の血筋」三羽省吾著

公開日: 更新日:

 緊急招集で叩き起こされた高岡守と同僚の久隅が現場で見たものは少し前、公務執行妨害容疑で逮捕し、20日間の勾留の後釈放された木村正の無残な遺体だった。

 そんな折も折、高岡の3つ上の兄で警察庁のキャリアになっていた剣が地元に異動になって帰ってきた。実はここの県警の会計があまりにも真っ白で、逆に警察庁の会計課に疑いを持たれた。その内偵役に剣が指名されたのだ。

 それぞれが捜査を進めていくうちにひとつの言葉が浮かび上がった。「存在の売買」――。戸籍を含めてある人間の存在そのものを買い取り、それを必要とする人間に売るという商売なのだ。

 2人の父・敬一郎の殉職の謎にも迫りながら巨悪を暴く警察小説の粋。

(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る