「刑事の血筋」三羽省吾著

公開日:  更新日:

 緊急招集で叩き起こされた高岡守と同僚の久隅が現場で見たものは少し前、公務執行妨害容疑で逮捕し、20日間の勾留の後釈放された木村正の無残な遺体だった。

 そんな折も折、高岡の3つ上の兄で警察庁のキャリアになっていた剣が地元に異動になって帰ってきた。実はここの県警の会計があまりにも真っ白で、逆に警察庁の会計課に疑いを持たれた。その内偵役に剣が指名されたのだ。

 それぞれが捜査を進めていくうちにひとつの言葉が浮かび上がった。「存在の売買」――。戸籍を含めてある人間の存在そのものを買い取り、それを必要とする人間に売るという商売なのだ。

 2人の父・敬一郎の殉職の謎にも迫りながら巨悪を暴く警察小説の粋。

(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る