現生人類と旧人類は交配していた

公開日:  更新日:

 科学の進歩により、人類の進化の歴史が変わりつつある。デイヴィッド・ライク著、日向やよい訳「交雑する人類」(NHK出版 2500円+税)では、古代人の骨からDNAを抽出して解析する古代DNA解析の第一人者が、考古学上の証拠からは知り得なかった事実を明らかにしている。

 例えば、現生人類のホモサピエンスは旧人類のネアンデルタール人から進化したのではなく、2つの集団は交配していたという事実だ。古代DNA解析によると、現代の非アフリカ人ゲノムの1・5~2・1%ほどがネアンデルタール人由来であることが分かっている。そして、交配が行われた推定年代も、5万4000~4万9000年前ごろと絞り込めているのだという。

 さらに興味深いのが、古代DNA解析による「ゴースト集団」の発見だ。シベリアで見つかった旧人類のデニソワ人と、ネアンデルタール人や現生人類のゲノムのマッチング率を調べてみると、140万~90万年前に現生人類に至る系統から分離したと考えられる未知の人類「ゴースト集団」が、デニソワ人と交配していたことが示されたのだという。考古学的な証拠は見つかっていないものの、ゴースト集団のDNAがデニソワ人のDNAに少なくとも3~6%は寄与していることが推定されているそうだ。

 東アジアの章では日本人の成り立ちの歴史についても触れられている。ただし、古代DNA解析テクノロジーがヨーロッパで生まれたことや、政府の規制が厳しく国内の研究者主導の研究を好む傾向が強いことから、解析が遅れていることなどもつづられている。

 私たちはどこから来たのかという究極の問いに答える、最先端の解説書だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る