「いろいろあった人へ」伊集院静著

公開日: 更新日:

 ベストセラー「大人の流儀」シリーズからえりすぐりを集めた傑作選。

 3年前に前妻と同じ病気で亡くなった書店員のA子さんとの思い出を振り返りながら、彼女の情熱をずっと覚えていたいから彼女が働いていた書店でサイン会を続けているという著者。

 これまでの半生で多くの別離を経験してきたが、彼ら彼女たちは「さよなら」とは一言も言わなかったが、時折、彼らの元気な姿が見える時がある。そうした時に「さよならも力を与えてくれるものだ」と思うとつづる。

 他にも、若き日に世話になったホテルの支配人との思い出や、前妻の通夜の席で彼女の祖父が自分に語った言葉など。人生で出会いと別離を繰り返してきた氏の言葉が読者の背中をそっと支え、前に向かわせる。

(講談社 926円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    近本も梅野も…侍Jに一人も選ばれない「阪神の七難」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る