「いろいろあった人へ」伊集院静著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「大人の流儀」シリーズからえりすぐりを集めた傑作選。

 3年前に前妻と同じ病気で亡くなった書店員のA子さんとの思い出を振り返りながら、彼女の情熱をずっと覚えていたいから彼女が働いていた書店でサイン会を続けているという著者。

 これまでの半生で多くの別離を経験してきたが、彼ら彼女たちは「さよなら」とは一言も言わなかったが、時折、彼らの元気な姿が見える時がある。そうした時に「さよならも力を与えてくれるものだ」と思うとつづる。

 他にも、若き日に世話になったホテルの支配人との思い出や、前妻の通夜の席で彼女の祖父が自分に語った言葉など。人生で出会いと別離を繰り返してきた氏の言葉が読者の背中をそっと支え、前に向かわせる。

(講談社 926円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る