「いろいろあった人へ」伊集院静著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「大人の流儀」シリーズからえりすぐりを集めた傑作選。

 3年前に前妻と同じ病気で亡くなった書店員のA子さんとの思い出を振り返りながら、彼女の情熱をずっと覚えていたいから彼女が働いていた書店でサイン会を続けているという著者。

 これまでの半生で多くの別離を経験してきたが、彼ら彼女たちは「さよなら」とは一言も言わなかったが、時折、彼らの元気な姿が見える時がある。そうした時に「さよならも力を与えてくれるものだ」と思うとつづる。

 他にも、若き日に世話になったホテルの支配人との思い出や、前妻の通夜の席で彼女の祖父が自分に語った言葉など。人生で出会いと別離を繰り返してきた氏の言葉が読者の背中をそっと支え、前に向かわせる。

(講談社 926円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る