「琥珀の夢」(上・下)伊集院静著

公開日: 更新日:

 明治40年、大阪船場の寿屋洋酒店に一人の丁稚が自転車を引きながらやってきた。新し物好きの店の主人、鳥井信治郎が当時としては破格の高級車を買い、それを届けに来たのだが、その丁稚こそ後に「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助だ。サントリーと松下電器という日本経済を牽引することになる2人の出会いから物語は始まる。

 鳥井信治郎は大阪の両替商の次男として生まれ、船場の道修町の薬種商店に丁稚奉公し、そこで舶来のウイスキー、ぶどう酒、ビールの製造を学び、20歳で自分の店を立ち上げる。本場のワインは苦いと敬遠されていた当時、苦心の末に赤玉ポートワインを発売、斬新な広告の効果もあって一躍人気を博す。さらにウイスキーの製造に着手するが、商品になるまで5~10年かかるのに莫大な建設費が必要とあって、周囲は大反対。それを押し切って日本初の国産ウイスキーを造り上げる。

 転んでもただでは起きず、常に新しいことを追求していく主人公の情熱的な姿は、元気を失っている日本の経営者たちに活を入れることになるだろう。

(集英社 各1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る