• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悩むなら、旅に出よ。」伊集院静著

 旅先で出合った言葉は、五感を通して深く記憶に刻まれる。歳月を経ても、その土地の光や風、人の息遣いが蘇る。

 定職もなく、酒に溺れていた若き日の著者に、海辺のホテルの支配人が言う。

「急ぐことはありません。悠々としていればいいんです。そういう仕事もあります」

 生まれ育った港の町で、海峡の向こうの国に思いを馳せ、「あの国は遠いの?」と尋ねる少年時代の著者に、若き父は答える。

「なーに、汐が良ければ一晩さ」

 作家・城山三郎は、美術作品を巡る旅を続ける著者に言う。

「そこに行かなくては見えないものがあるのでしょうね」

 国内外の旅、人生の旅の途中で心に響いた34の言葉を集め、じっくりかみしめた、大人の味の紀行文集。

 旅は楽しいばかりではない。悲しみや苦さを含んでいる。何者ともつかない自分を持て余し、手さぐりしていた若い日の旅。いくらか分別がついてからの旅。年を重ね、大切な人との離別を何度となく経験してからの旅。人生の深まりにつれて、旅も深まっていく。どんな知識も情報も、旅にはかなわない。いい旅をしたいものだ。

 (小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る