「悩むなら、旅に出よ。」伊集院静著

公開日: 更新日:

 旅先で出合った言葉は、五感を通して深く記憶に刻まれる。歳月を経ても、その土地の光や風、人の息遣いが蘇る。

 定職もなく、酒に溺れていた若き日の著者に、海辺のホテルの支配人が言う。

「急ぐことはありません。悠々としていればいいんです。そういう仕事もあります」

 生まれ育った港の町で、海峡の向こうの国に思いを馳せ、「あの国は遠いの?」と尋ねる少年時代の著者に、若き父は答える。

「なーに、汐が良ければ一晩さ」

 作家・城山三郎は、美術作品を巡る旅を続ける著者に言う。

「そこに行かなくては見えないものがあるのでしょうね」

 国内外の旅、人生の旅の途中で心に響いた34の言葉を集め、じっくりかみしめた、大人の味の紀行文集。

 旅は楽しいばかりではない。悲しみや苦さを含んでいる。何者ともつかない自分を持て余し、手さぐりしていた若い日の旅。いくらか分別がついてからの旅。年を重ね、大切な人との離別を何度となく経験してからの旅。人生の深まりにつれて、旅も深まっていく。どんな知識も情報も、旅にはかなわない。いい旅をしたいものだ。

 (小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る