「大相撲の不思議」内館牧子著

公開日: 更新日:

 女性初の横綱審議委員も務めた著者が、大相撲を語るスポーツエッセー。大相撲は神事であるとともに、スポーツ、伝統文化、興行、国技、公益財団法人という相いれがたい6つの要素によって成り立っており、それが大相撲の豊かさと奥深さをつくり上げていると説く。そのしきたりや所作、約束事の多くは「土俵は聖域」という考え方によっており、その聖域で不浄とされる左手で手刀を切った元横綱やクールビズ姿で上がった政治家に苦言を呈する。

 その他、1300年近く前の天覧相撲「相撲節会」に始まったという「花道」の由来、白鵬が負けて場内に沸き上がった万歳三唱の意外な理由など、大学院で相撲史を学び直したという著者が、学問に裏打ちされた知識で世の中の大相撲に対する偏見を正す。

 (潮出版社 759円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る