「『本の読み方』で学力は決まる」川島隆太監修 松﨑泰、榊浩平著

公開日:  更新日:

 脳科学者である監修者・著者らによると、4万人の子供の平日1日当たりの読書時間(雑誌・漫画などをのぞく)と、4教科の平均偏差値を分析した結果、読書をまったくしない子供たちの成績が最も低く、読書時間が長くなるほど成績が高くなっていることが分かったという。読書習慣のない小中学生の多くは、学習時間や睡眠時間にかかわらず、試験の成績が平均点以下だそうだ。

 読書には最大で2時間の学習効果があり、勉強に加えて1日たった30分の読書を取り入れるだけで偏差値が約3もアップする可能性があるという。こうした子供の脳と読書の関係と、子供たちに読書習慣を身につかせるための幼少期の読み聞かせの重要性を説いた親必読の教育指南書。

 (青春出版社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る