• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界の不思議な図書館」アレックス・ジョンソン著、北川玲訳

 デジタル技術によって本や読書の形態が変わりつつあるが、手にした紙書籍のページをめくる喜びは別格である。英国のある調査によると、図書館に行くことは昇給に匹敵するほどの喜びを得られるのだとか。

 本書は、そんな読書の喜びをもたらしてくれる図書館は図書館でも、誰もがイメージする図書館からはちょっと外れた、世界各地のユニークな図書館を紹介してくれる写真集。

 まずは、地下鉄や空港、ホテルなどに併設された、移動中や旅行中に楽しめる図書館が登場。タイのリゾート地にある子供のための図書館兼娯楽総合施設は、「マンタ」を模して竹と木材で造られており、その内部は近未来に迷い込んでしまったかのようだ。

 また、ニューヨーク市の地下鉄の車両内には、書棚を写したように背表紙が並んだポスターが張られており、読みたい本にスマホをかざすだけでさわりの数ページが表示され、その本を所蔵する図書館の地図が送信されてくる仕掛けになっている。中には、タクシー運転手が常連客に本を貸すのがきっかけで始まったというブラジルの図書館タクシーなどもある。

 一方、ラオスのゾウやモンゴルのラクダ、コロンビアのロバなど、人里離れた地域では、今でも動物による伝統的な移動図書館が健在だ。

 そして今、本の世界に革命を起こしつつあるのが、世界各地に出現しているプチ図書館だ。

 そのきっかけは、携帯電話に役目を追われた電話ボックスだ。イギリスのブリティッシュ・テレコムがただ同然の価格で赤い電話ボックスを地域に提供して、住民が活用できる空間にするよう呼びかけたところ、新たな形の地域図書館となったのだ。

 大きなバケツをひっくり返して足をつけたような図書館は、防水加工をした手作りの本棚を街中や個人宅の軒先、バス停、カフェの店内に置き、誰もが本を持ち去る代わりに1冊入れていく「リトル・フリー・ライブラリー・プロジェクト」のひとつ。今ではこのプロジェクトによるプチ図書館が世界に1万2000以上もあるという。

 時代の流れとともに、これまでの重厚な、公共や大学の図書館も変貌しつつある。外装も内部もモダンアートのようなスコットランドのアバディーン大学の図書館や、宮殿のようなバーミンガム図書館など、89の個性的な図書館を紹介。

 本好きな人は、きっと見ているだけで、だいぶ給料が上がったような気分になってくるのではないか。(創元社 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る