「闇の日本美術」山本聡美著

公開日: 更新日:

 古い日本絵画に描かれた「闇」をのぞき込み、当時を生きた人々が何を恐れ、その恐怖といかに対峙、共生してきたかを考察するアートエッセー。

 6世紀に伝来した仏教の経典「華厳経」には仏の足元から放たれた光明が世界の隅々を照らす場面が描かれる。そのとき、菩薩の姿が明らかになるとともに世界の最下辺にある地獄の情景も浮かび上がり、人々は初めて地獄の存在を知った。

 現存最古の地獄絵である東大寺二月堂本尊十一面観音像の光背の線刻をはじめ、平安時代末期に制作された「地獄草紙」など、恐怖・苦痛・絶望を可視化した「地獄図」を読み解いていく。そのほか、「餓鬼草紙」や「病草紙」、死体が朽ちてゆく様を描いた「九相詩」など、絵画から日本人の死生観に迫る。

(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る