「闇の日本美術」山本聡美著

公開日:  更新日:

 古い日本絵画に描かれた「闇」をのぞき込み、当時を生きた人々が何を恐れ、その恐怖といかに対峙、共生してきたかを考察するアートエッセー。

 6世紀に伝来した仏教の経典「華厳経」には仏の足元から放たれた光明が世界の隅々を照らす場面が描かれる。そのとき、菩薩の姿が明らかになるとともに世界の最下辺にある地獄の情景も浮かび上がり、人々は初めて地獄の存在を知った。

 現存最古の地獄絵である東大寺二月堂本尊十一面観音像の光背の線刻をはじめ、平安時代末期に制作された「地獄草紙」など、恐怖・苦痛・絶望を可視化した「地獄図」を読み解いていく。そのほか、「餓鬼草紙」や「病草紙」、死体が朽ちてゆく様を描いた「九相詩」など、絵画から日本人の死生観に迫る。

(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る