「こころ傷んでたえがたき日に」上原隆著

公開日: 更新日:

 横浜駅西口の交差点に、午前9時58分、矢野さんがやってくる。サラ金まがいの店の看板を持って一日立っているサンドイッチマンだ。かつては会計事務所に勤め、税理士を目指していたが、ギャンブルですべてを失いホームレスになった。

 だが、1日5000円の収入があり、月に約12万円入るので、ほかの人は地べたで寝ているが、自分は寿町のドヤで寝てるという。お金がなくて5日間何も食べなかったとき、コンビニでおにぎりを盗もうとしたが、炊き出しに救われた。初めて5000円もらえたときはうれしかった。「コンビニで買い物ができるんだから」とフフフと笑う。(「街のサンドイッチマン」)

 心優しいコラムノンフィクション22編。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る