「こころ傷んでたえがたき日に」上原隆著

公開日: 更新日:

 横浜駅西口の交差点に、午前9時58分、矢野さんがやってくる。サラ金まがいの店の看板を持って一日立っているサンドイッチマンだ。かつては会計事務所に勤め、税理士を目指していたが、ギャンブルですべてを失いホームレスになった。

 だが、1日5000円の収入があり、月に約12万円入るので、ほかの人は地べたで寝ているが、自分は寿町のドヤで寝てるという。お金がなくて5日間何も食べなかったとき、コンビニでおにぎりを盗もうとしたが、炊き出しに救われた。初めて5000円もらえたときはうれしかった。「コンビニで買い物ができるんだから」とフフフと笑う。(「街のサンドイッチマン」)

 心優しいコラムノンフィクション22編。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る