「こころ傷んでたえがたき日に」上原隆著

公開日:

 横浜駅西口の交差点に、午前9時58分、矢野さんがやってくる。サラ金まがいの店の看板を持って一日立っているサンドイッチマンだ。かつては会計事務所に勤め、税理士を目指していたが、ギャンブルですべてを失いホームレスになった。

 だが、1日5000円の収入があり、月に約12万円入るので、ほかの人は地べたで寝ているが、自分は寿町のドヤで寝てるという。お金がなくて5日間何も食べなかったとき、コンビニでおにぎりを盗もうとしたが、炊き出しに救われた。初めて5000円もらえたときはうれしかった。「コンビニで買い物ができるんだから」とフフフと笑う。(「街のサンドイッチマン」)

 心優しいコラムノンフィクション22編。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る