「マンモスを再生せよ」ベン・メズリック著 上野元美訳

公開日:  更新日:

 3000年前に絶滅したマンモスを最先端の遺伝子操作で再生させるという「ジュラシック・パーク」のようなプロジェクトが実際に進行している。本書はこの驚くべきプロジェクトの全貌に迫ったノンフィクション。

 主役は、ハーバード大学医学部教授のジョージ・チャーチ。ヒトゲノム計画やマラリア撲滅運動、遺伝子移植による老化の逆行といった科学研究に携わり、マンモス再生計画チームを率いる。チャーチの背中を押したのがロシアの生態学者、セルゲイ・ジモフだ。ジモフは、シベリアの永久凍土の融解による二酸化炭素とメタンの大量放出による地球温暖化を防ぐべく、北極圏に「氷河期パーク」を造り、そこで大型草食動物が地面を踏み荒らせば地表温度を下げられると主張。これを知ったチャーチは、マンモスを再生して氷河期パークに放つことを計画する。

 こうして始まったプロジェクトには世界中の知性が集まり着々と進行しているという。科学の進歩の素晴らしさと危惧の両面を伝えてくれる。

(文藝春秋 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る