「家出ファミリー」田村真菜著

公開日:  更新日:

 サナは恋人を連れてグループホームにいる認知症の母に面会に行った帰り道、高架下でホームレスに出会った。恋人が「あんなところに寝るなんて、僕には理解できないし、ありえないよ」と言うと、サナは「……わたしは昔、ホームレスの人たちと並んで、駅前に寝ていたことがあるわ」と言った。サナの父は時折出版社からもらう仕事をするだけで、家計は看護師の母が支えていた。生活苦で母は疲れきっていて、サナを包丁で刺そうとしたこともあった。

 ある日、サナと妹は、父を家に置きざりにして、母に連れられて野宿の旅に出た。

 貧困と虐待の中で育った著者の自伝的ノンフィクションノベル。(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る