「日本卓球は中国に打ち勝つ」宮﨑義仁著

公開日: 更新日:

 若手選手の活躍が目覚ましい卓球の元代表監督で、現在は強化本部長として若手育成に取り組む著者が、その躍進の秘密を明かしたスポーツノンフィクション。

 2001年、男子日本代表監督に就任した氏が真っ先に手掛けたことは小学生のナショナルチームの新設だった。

 そして、卓球漬けの中国流の育成法に対して、全体的な人間力を身に付けさせることを重視。若い選手を育てる最適の方法とは、自発的に勉強をする子を育てることだという。勉強もできない子が卓球だけ強くなるわけがないからだ。

 さまざまな教育プログラムの狙いと効果を語る一方で、各代表選手の技の解説や、代表選考の際の知られざる戦略など。卓球の奥深さを知れば、東京五輪がより待ち遠しくなる。

 (祥伝社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る