「日本卓球は中国に打ち勝つ」宮﨑義仁著

公開日: 更新日:

 若手選手の活躍が目覚ましい卓球の元代表監督で、現在は強化本部長として若手育成に取り組む著者が、その躍進の秘密を明かしたスポーツノンフィクション。

 2001年、男子日本代表監督に就任した氏が真っ先に手掛けたことは小学生のナショナルチームの新設だった。

 そして、卓球漬けの中国流の育成法に対して、全体的な人間力を身に付けさせることを重視。若い選手を育てる最適の方法とは、自発的に勉強をする子を育てることだという。勉強もできない子が卓球だけ強くなるわけがないからだ。

 さまざまな教育プログラムの狙いと効果を語る一方で、各代表選手の技の解説や、代表選考の際の知られざる戦略など。卓球の奥深さを知れば、東京五輪がより待ち遠しくなる。

 (祥伝社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る