「甲子園という病」氏原英明著

公開日: 更新日:

 今夏も熱戦が続いた甲子園。メディアは晴れの舞台で力を尽くす球児たちの姿を感動物語として書きたてるが、メジャーリーグのスカウトたちは、甲子園をとりまく環境を「児童虐待」と表現しているという。本書は、勝利至上主義の加速で多くの球児たちの未来を潰し続けてきた甲子園の裏の現実を伝えるスポーツ・ノンフィクション。

 2013年夏の2回戦、それまでの連投がたたり、山なりのボールしか投げられずに降板した木更津総合のエース・千葉貴央選手や、選手に無理を強いた選手起用を反省してチームづくりを一新して17年に春夏連続出場を果たした盛岡大学付属の関口清治監督など多くの関係者を取材。その実態を明らかにしながら、甲子園改革のためにすべきことを提言する。

(新潮社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る