「甲子園という病」氏原英明著

公開日: 更新日:

 今夏も熱戦が続いた甲子園。メディアは晴れの舞台で力を尽くす球児たちの姿を感動物語として書きたてるが、メジャーリーグのスカウトたちは、甲子園をとりまく環境を「児童虐待」と表現しているという。本書は、勝利至上主義の加速で多くの球児たちの未来を潰し続けてきた甲子園の裏の現実を伝えるスポーツ・ノンフィクション。

 2013年夏の2回戦、それまでの連投がたたり、山なりのボールしか投げられずに降板した木更津総合のエース・千葉貴央選手や、選手に無理を強いた選手起用を反省してチームづくりを一新して17年に春夏連続出場を果たした盛岡大学付属の関口清治監督など多くの関係者を取材。その実態を明らかにしながら、甲子園改革のためにすべきことを提言する。

(新潮社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る