「子どものための発達トレーニング」岡田尊司著

公開日:

 子育てに悩む人にぜひ読んでほしい一冊。「不注意で見落としが多い」「忘れやすい」「聞き取りが弱い」「言葉の遅れ」「運動が不得意」「コミュニケーションが一方通行」「人前で話せない」「漢字や図形が苦手」「感情や行動が制御できない」「パニックになる」「計画が苦手」「イライラしがち」――。こうした子どもたちをどのように育てればいいのか。長年、発達障害や愛着障害の改善に取り組んできた著名な精神科医と、発達トレーニングで目覚ましい成果を挙げている2人の若手心理士が、臨床の最前線で活用されているプログラムやノウハウを教えてくれる。

●数字つなぎ課題(注意力のトレーニング)
●お話名人になる!(状況をわかりやすく伝えるトレーニング)
●会話のキャッチボール練習(社会性の能力)
●友達と意見が異なったとき(実践的なソーシャルスキル)
●勉強の計画を立てる(プランニングのトレーニング)
●怒りのコントロール
●愛着アプローチ、など。(PHP研究所 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る