「昭和探偵2」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 テレビに出演して以来、昭和の謎に関する依頼が絶えない探偵の熱木の噂を聞きつけ、谷岡という女性が訪ねてくる。彼女の依頼とは、昭和52年に事故死した祖母・京子に関することだった。当時、48歳だった京子は、はやっていた「ラッタッタ」という乗り物に乗ってダンプカーと正面衝突したらしい。なぜ免許もないのに京子がラッタッタに乗ろうとしたのか、その理由を知りたいという。

 手始めに事故現場で聞き込みを始めた熱木は、京都出身の京子が三軒茶屋の駅前で営んでいた京料理の店の常連客を見つけ出し、話を聞く。(「お祖母ちゃんはなぜ、ラッタッタに乗った?」)

 平成の世に昭和の面影を探して歩く探偵を主人公にした連作シリーズ第2弾。

(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る