「昭和探偵2」風野真知雄著

公開日:

 テレビに出演して以来、昭和の謎に関する依頼が絶えない探偵の熱木の噂を聞きつけ、谷岡という女性が訪ねてくる。彼女の依頼とは、昭和52年に事故死した祖母・京子に関することだった。当時、48歳だった京子は、はやっていた「ラッタッタ」という乗り物に乗ってダンプカーと正面衝突したらしい。なぜ免許もないのに京子がラッタッタに乗ろうとしたのか、その理由を知りたいという。

 手始めに事故現場で聞き込みを始めた熱木は、京都出身の京子が三軒茶屋の駅前で営んでいた京料理の店の常連客を見つけ出し、話を聞く。(「お祖母ちゃんはなぜ、ラッタッタに乗った?」)

 平成の世に昭和の面影を探して歩く探偵を主人公にした連作シリーズ第2弾。

(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る