「大江戸落語百景猫見酒」風野真知雄著

公開日:

 築地の裏通りでうなぎ屋を営む長八は、3日ぶりに店を開ける。店は繁盛しており、行列ができるほどだ。体もいたって元気なのに、店を開けなかったのは、突然、うなぎをさばくことができなくなってしまったからだ。3日前の朝、いけすの中のうなぎと目が合い、その顔を見ているうちにかわいく思えてきて、手が動かなくなってしまったのだ。このままではおまんまの食い上げだと、菩提寺の和尚に相談すると、いっそのこと、割いたり、切ったりせずに丸焼きのまま出したらどうかという。試しにやってみると……。(「ご天寿うなぎ」)

 その他、迷い込んできた猫を追いかけながら「猫見酒」をしゃれ込む酔っぱらいたちを描いた表題作など、さげが効いた10席の読む落語集。

 (徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る