「大江戸落語百景猫見酒」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 築地の裏通りでうなぎ屋を営む長八は、3日ぶりに店を開ける。店は繁盛しており、行列ができるほどだ。体もいたって元気なのに、店を開けなかったのは、突然、うなぎをさばくことができなくなってしまったからだ。3日前の朝、いけすの中のうなぎと目が合い、その顔を見ているうちにかわいく思えてきて、手が動かなくなってしまったのだ。このままではおまんまの食い上げだと、菩提寺の和尚に相談すると、いっそのこと、割いたり、切ったりせずに丸焼きのまま出したらどうかという。試しにやってみると……。(「ご天寿うなぎ」)

 その他、迷い込んできた猫を追いかけながら「猫見酒」をしゃれ込む酔っぱらいたちを描いた表題作など、さげが効いた10席の読む落語集。

 (徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る