「大江戸落語百景猫見酒」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 築地の裏通りでうなぎ屋を営む長八は、3日ぶりに店を開ける。店は繁盛しており、行列ができるほどだ。体もいたって元気なのに、店を開けなかったのは、突然、うなぎをさばくことができなくなってしまったからだ。3日前の朝、いけすの中のうなぎと目が合い、その顔を見ているうちにかわいく思えてきて、手が動かなくなってしまったのだ。このままではおまんまの食い上げだと、菩提寺の和尚に相談すると、いっそのこと、割いたり、切ったりせずに丸焼きのまま出したらどうかという。試しにやってみると……。(「ご天寿うなぎ」)

 その他、迷い込んできた猫を追いかけながら「猫見酒」をしゃれ込む酔っぱらいたちを描いた表題作など、さげが効いた10席の読む落語集。

 (徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る