「自分で痔を治す方法」平田雅彦著

公開日: 更新日:

 痔の自覚症状がある日本人は3人に1人なのだそうだ。のべ38万人の痔を診断・治療してきたという肛門科の専門医が書いた本。痔の治療というとすぐに手術で切るというイメージがある。しかし間違いなのだそうだ。意外にも著者が挙げるもっとも大切な治療法は、生活習慣の改善。痔は生活習慣病だという。本書は痔を8つのタイプに分けて、漫画による痔克服ストーリーを示しつつ、自分で痔を治すにはどうしたらいいのか、その基本原則と方法論が書かれている。むろん、それでダメなら治療が必要なため、痔のタイプ別最新治療法も紹介している。日本人は座り過ぎが問題になっていて、依然として痔の患者数は多い。気になる人はこの本を一度手にとってみるといいかもしれない。

 ちなみに米国などではある種の痔の治療をしている間はED治療薬が使えないことがあるらしい。痔の一種、切れ痔の治療薬にはバソレーター軟膏と呼ばれる塗り薬があり、その成分に血管を拡張する働きがあるニトログリセリンが含まれているためだ。

(1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る