「熟年期障害」熊本悦明著

公開日:

 男性ホルモンと健康との関係を解説する健康本。

 男性にもある更年期障害や、その後の熟年期の体調不良や虚弱は、男性ホルモン低下による男性力の衰退が大きな原因。注目すべきは「朝立ち」だそうだ。

 実は朝立ちは、女性の月経にも匹敵する男性の重要な生理現象。就寝中、男性は誰しもレム睡眠のたびにエレクトしており、60代でも睡眠中の5分の1の時間に及ぶという。朝立ちの減退は、男性ホルモンの低下によって自覚症状がなく進んでいる体調不良のサインでもあるのだ。男性ホルモン低下は、動脈硬化や、うつ症状、大腸機能障害などさまざまな症状を引き起こす。ホルモン投与で症状が改善した患者の例などを紹介しながら、熟年期を健康に過ごすための方法を伝授。

(祥伝社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る