「あなたの人生を変える歯の新常識」田北行宏著

公開日:

 雑誌「プレジデント」による55~74歳の男女1000人を対象とした「後悔していること」のアンケートによると、健康後悔の第1位は「歯の定期検診を受ければよかった」であったという。欧米のビジネスマンの間では歯が美しいことが成功への近道のひとつと認識されているが、日本はその点においてまだ発展途上。40歳以上の日本人の実に8割以上が歯周病に罹患しているという点からも、歯のケアがおろそかであることが分かるだろう。

 痛みが出てから歯医者に行けばいいという人も多いが、これは大きな間違いだ。歯周病の初期は症状がほとんどなく、痛みや口臭などを自覚したときには、歯ぐきや骨の壊死が始まっている可能性も高い。さらに、自覚症状がない間も、毎日大量の歯周病菌を飲み込んでいることになる。歯周病の人は心臓病や肺炎、各種の生活習慣病のリスクが如実に高まることも、世界各国の調査から明らかになっているのだ。

 健康で長生きしたいという願いをかなえるためには、まず歯の定期検診を受けることが重要であると本書。自分ではしっかりと歯みがきをしているつもりでも、歯と歯の間や歯周ポケットまで完全にケアすることは不可能と言っていい。しかし、3カ月に1度だけ、歯医者でクリーニングを受けることを習慣づければ、歯周病は予防が可能だ。早く始めた人にだけ、明るい未来が待っている!(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る