「あなたの人生を変える歯の新常識」田北行宏著

公開日:

 雑誌「プレジデント」による55~74歳の男女1000人を対象とした「後悔していること」のアンケートによると、健康後悔の第1位は「歯の定期検診を受ければよかった」であったという。欧米のビジネスマンの間では歯が美しいことが成功への近道のひとつと認識されているが、日本はその点においてまだ発展途上。40歳以上の日本人の実に8割以上が歯周病に罹患しているという点からも、歯のケアがおろそかであることが分かるだろう。

 痛みが出てから歯医者に行けばいいという人も多いが、これは大きな間違いだ。歯周病の初期は症状がほとんどなく、痛みや口臭などを自覚したときには、歯ぐきや骨の壊死が始まっている可能性も高い。さらに、自覚症状がない間も、毎日大量の歯周病菌を飲み込んでいることになる。歯周病の人は心臓病や肺炎、各種の生活習慣病のリスクが如実に高まることも、世界各国の調査から明らかになっているのだ。

 健康で長生きしたいという願いをかなえるためには、まず歯の定期検診を受けることが重要であると本書。自分ではしっかりと歯みがきをしているつもりでも、歯と歯の間や歯周ポケットまで完全にケアすることは不可能と言っていい。しかし、3カ月に1度だけ、歯医者でクリーニングを受けることを習慣づければ、歯周病は予防が可能だ。早く始めた人にだけ、明るい未来が待っている!(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る